不動産売却

地元の不動産屋に物件売却依頼を出してもすぐに売れるとは限りません

 

なかなか売れないと売却価格を下げたくなりますが

 

一度売却値を下げるとツルベ落としのように値下げをしてしまう羽目になってしまいます

 

それでも思っている売却価格で売れればよいのですが

 

想定外の安値で購入顧客が提示して来れば

 

ついつい不動産屋の口車に乗って安値売却の契約に押印することは^珍しいことではありません

 

不動産は値下げをすれば、するほど周辺相場も下落し

 

結局自宅マンションの売却価格の値打ちを下げてしまうことになるのです

 

同じ売れないならそれなりの適正価格を維持して自宅マンションや投資用店舗の売却値を提示した広告を出したほうが買い手が付きやすくなります

 

 

不動産売却はいつが良いのか?
それほど難しいい質問はありません

 

上がるか下がるかは相場に聞いてみないと分らないからです

 

ただ昔からの格言で

 

今が売り時

 

今が高値とおもっていればまちがいのないことかもしれません

 

今は人口減少の時代です

 

住居がこの先大幅に必要の人口増加は見込めないでしょう

 

おそらくオリンピックあたりがターニングポイントになる可能性が大でしょう

 

今が売り時の言葉通りになる可能性もあるので注意が必要です